art works

statement

絵が自然に生まれたのは、

ある静かな夕方、柔らかく1日が終わろうとしているときのことでした。

 

小さい時から絵が大好きだったけれど、

なかなか本格的に描きはじめる機会が無かった私に

主人が12色入りのクレヨンをプレゼントしてくれたのです。

それはとても小さくて、喜びながら工夫してみると

想像もつかなかったくらい様々な表現ができ、夢中になりました。

 

 

色んなものごとには、その瞬間ですら、

その前からの気配が二重映しになって響いてくるような気がする時があります。

いつか夢で見た場所、もう見ることが出来ない風景、

いろいろな物語や気持ちを色で重ねていくうちに、

気がついたら絵がたくさん出来ていました。

 

 

夢の中で、ピカソに会ったことがあります。

そのとき、

「いい絵を描いたら、それは光になって、もう体がこの世にない人にも届くんだよ」

と教えてもらいました。

その光は、かつて生きていた人たちの慰めになるんだよって。

私は絵を描くとき、このことを一番大切にしています。

 

吉田瑠美

My drawing was naturally born in one afternoon,

it was almost a time slowly and softly closing one day.

 

I loved drawing pictures, but not much opportunities to do.

One day my husband present me a 12-colored crayons!!

They were so tiny and cute, I love it so much,

and find many ways with joy.  

 

 

I feel things echo in many ways.

Even at that moment, at the same time,

a sign of the past melts into the air and echoes back to me.

 

The place I have seen before, the scenery I can't see any more,

I have drew many stories and feelings with colors,

and now, I found that I draw many pictures.

 

 

I met Picasso in a dream, and he taught me,

 

 "If you draw good pictures,

it will become the light and reach to

the people, who no more have body in this world.

The light will become the consolation

for the people who had lived in the past."

 

These words are really the most important for me when I draw pictures.

 

Rumi Yoshida

 

 

 

クレヨンで描いた作品の一部です。


絵のお仕事など

 

  • 絵のお仕事など。私の絵本・本はmy booksを、展示などは exhibitionを、挿絵やイラストはotherworksをご参照ください⭐︎

2021  exhibition

' MOZAIC 2021 吉田瑠美作品展 '

 Rumi Yoshida exhibition

会期 : 2021/7/17(sat) ~9/5(sat) 

会場 : 栃木県 芳賀町情報館 主催 : 芳賀町  

 

今までの作品がほぼ全て展示されるという素敵な企画をいただきました。芳賀町の風景6点を含むクレヨン画と、「あかりちゃんのつうがくろ」から「まつとき」までの原画たくさんの「MOZAIC2021」展、お隣の展示室1では、絵を担当した「焼けあとのおにぎり」原画展を開催いただきました。難しい時期にご準備くださった芳賀町情報館、出版社のはじめ皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。

 


2021  exhibition

' まつとき  かわるとき '

 Rumi Yoshida exhibition

会期 : 2021/1/4(mon) ~24(sun) 

会場 : 大阪府 守口市立図書館 主催 : 守口市  

「まつとき かわるとき」

 

2019年、家族をテーマにした絵本を3冊出版いただきました。それがきっかけで大阪にご縁を頂き、

2020年、自粛することになった子どもに向けた

メッセージ絵本「まつとき」を描かせて頂くことになりました。こうして2021年の始まりを守口市の展示で迎えさせて

頂けることになり、心から嬉しく思っています。

色んなことがある中でも変わらず月は満ち欠け、

花は芽吹き、枯れたようでも土の下では力強く根を張る

自然の姿に、あらためて元気をもらいました。

 

これからは皆で気を合わせて、自然とも調和していく新しい生き方をしていかないと・・と思っています。(案内文より)


' MOZAIC 2020 '

会期 : 2020/11/1(sun)~30(mon)

会場 : 秋田県 鹿角市文化の杜交流館 コモッセギャラリー

       【企画:花輪市民センター】 

 

「今年はいろんなことが起きた年でした。皆さまいかがお過ごしでしたか? 素敵なご縁でこうして展示の機会を頂けたことを本当に幸せに思っています。もともと春に開催予定でしたが、こうして秋に行うことになり、より思いのこもった展示になりました。」

 

展示の様子: https://rumi.hateblo.jp/entry/2020/11/30/233000

       https://rumi.hateblo.jp/entry/2020/11/08/000000


島根県立美術館20周年記念展「黄昏の絵画たち」

特別ワークショップ

「夕日を描こう!クレヨンワークショップ」

 

島根県立美術館は、湖の近くのとってもおしゃれな美術館。憧れの美術館の20周年記念展は「黄昏の絵画たち」!なんと展示の1日ワークショップの講師にお声がけいただきました。

*終了しました。たくさんの方にご参加いただき、素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました!(2019/9)


*キリスト教学校の讃美歌集表紙画を担当させていただきました。(2017/12)


*浄土真宗「法語カレンダー2018」 本願寺出版 の絵を担当させていただきました!(2017/10)